レヴェナント 蘇りし者

レヴェナント 蘇りし者

レオナルド・ディカプリオが悲願のアカデミー主演男優賞を取った作品ですね。

最初に告白すると、見るまで熊に復讐する話だと思ってました。

ぜんぜんちがうじゃん!!!

だって、どこで聞いた情報か忘れてしまったけど、

  • クマに襲われて瀕死の重傷を負ってしまう
  • 殺された息子の復讐をする

って聞いたらそう思うじゃん!

まあ、それは置いといて、大自然の雪景色がきれいです。あと、アーティスティックな演出のシーンも多かったですね。まさに映像美って感じ。暴力的で残酷なシーンも多いですが。あと、長回しが好きなので、オープニングのシーンがよかったです。

内容は野蛮な時代の話、って感じで、なかなか残酷。過酷な自然の中でサバイバルしないといけないし、ネイティブアメリカンに見つかったら殺されるし、アメリカ人の仲間には裏切られてるし、フランス人はなんかひどいことしてるし、敵対関係が複雑っていうか、みんな敵同士で胃が痛くなりそう。

だもんで、登場人物にあんまり感情移入はできなかったけど、映像と相まって非日常感は味わえたかな。思い出してみると、ほかの映画を見た時とは違う不思議な感覚だったかも。ディカプリオのサバイバル演技もなかなかのものでした。

オチは僕としてはどうかな、って感じでした。「復讐は神に委ねる」って、いやそれ全然委ねてないから!って感じだったので。狙ってるのかもですけど。

なんて、いろいろ書きましたが、全体的にはおすすめですよ。映像美と非日常体験が味わえると思います。

「レヴェナント 蘇りし者」公式サイト