ストレングスファインダーやってみました

ストレングスファインダーやってみました

なんかいろんな人がやっていて面白そうだったので、ストレングスファインダーやってみました。

ストレングスファインダーとは?

ストレングスファインダーというのは下の書籍で説明されているテストで、質問に対して、2つの回答のどちらに近いかを5段階で選択していくことで、自分の強みを優位な順に5つ挙げてくれるものです。

書籍を買うとついてくるコードを使ってwebで受けることができます。問題数が結構あって、1問20秒で回答していく必要があるので、まとまった時間(webサイトには35分って書いてあったかな)があるときにやったほうがいいです。

 

 

※ストレングスファインダーを行うには、本についてるコードでアカウントを作成する必要があります。中古などで買った場合、コードが使用済みで使えない可能性がありますのでご注意ください。

ちなみに僕がやったらこんな結果が出ましたよ。

やっばい、自分の嫌なところが出てる。もっと冒険しないと。

それぞれの資質の説明は本やテスト結果のレポートに書いてあります。例えば学習欲の場合。

あなたは学ぶことが大好きです。あなたが最も関心を持つテーマは、あなたの他の資質や経験によって決まりますが、それが何であれ、あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。・・・(中略)・・・この「学習欲」という資質は、必ずしもあなたがその分野の専門家になろうとしているとか、専門的あるいは学術的な資格に伴う尊敬の念を求めていることを意味するわけではありません。学習の成果は、「学習のプロセス」ほど重要ではないのです。

だそうです。これ強みなのか・・・?よくわかりませんけど!

やってみて思ったのは、「確かに自分の強みもあるけど、なりたい自分っていうのもあるよね。」ってこと。強みは強みとして生かしつつ、なりたい自分を目指すこともあきらめないで行こうと思いました。ちょっと贅沢かな?