旅行用にBefreeカーボン三脚を買ったぞ

旅行用にBefreeカーボン三脚を買ったぞ

マクマクマクリー!

こんばんは、サガ・スカーレットグレイスばかりやってて更新が滞ってます。

どうもマルチタスク脳ではないようで、やることが増えてくるといろいろおろそかになってきます。

仕事にブログに旅行の準備にゲームくらいで既にだいぶ苦しいです。仕事がおろそかな感じなのが一番まずいよなぁ。

って、カーボン三脚の記事を書かねば。

Manfrottoのトラベル三脚befree

マンフロット(Manfrotto)が出しているトラベル三脚にbefreeというシリーズがあります。

その中のカーボン製のものを購入しました。高いんですけどね、カーボン製だと。

カーボン製の三脚は、アルミ製の三脚に比べて同じ強度でも軽いのが特徴です。ただ、今回カーボン製にした一番の理由は、

カーボンは金属に比べて寒いところで冷たくなりにくい

ところです。

マイナス何度の極寒の場所だと、金属に直接触れると皮膚がくっついてしまうと聞いて、ビビりな私はカーボン以外あり得ないと考えたわけですね。

今回の三脚選びの条件

それ以外も含めて今回条件にしたものをリストアップすると、次のようになります。

  • 極寒の地でも皮膚に張り付かない(と期待して)カーボン製
  • 今後治安のよくない場所に旅行することも考えて、畳んだ際にバッグにしまえるサイズになる
  • D5500+F値の低いレンズを載せても安定する強度
  • 3way雲台がいいな(今回はあきらめた、交換は可能なので今後考えます)
  • 雪の上で使う可能性があるのでスノーシューも必要かな

といった具合かな、飛行機に乗るときに、スーツケースに入れて預けるか、サブバッグに入れて機内に持ち込むかはちょっと悩んでるところです。

製品の写真だよ

以下写真です。

三脚の写真

箱です。

Manfrotto befreeカーボンの箱

 

箱から出すと、持ち運び用のバッグに入っています。

付属の袋

 

バッグから出した三脚本体。折りたたんだ状態だと40cmになります。

折りたたみ状態

 

伸ばした状態

伸ばした状態

 

あれ?ここ金属じゃない?

可動部分のアップ

 

やっぱり金属っぽい、可動部分は厳しかったか、うわーん(´;ω;`)

三脚出したりしまったりするときに皮膚にくっつかないように頑張ります(´;ω;`)

バッグにしまってみた

ちなみに、僕が持っているTHE NORTH FACEのメッセンジャーバッグにはぎりぎりしまえました。

個人所有のバッグ

バックに入れてみた

ただ、これにカメラも三脚も入れて、機内持ち込みの際はノートPCも入れてとなると、ちょっと重さがヤバそうなので、カメラ用バックパックを購入するか検討中です。

追加でスノーシューも買いました

ちなみに、三脚用のスノーシューも買いました。雪の上とかで沈まないようにするやつですね。

Manfrottoスノーシューの箱

 

装着するとこんな感じ。

Manfrottoスノーシュー

おわり

とりあえず、今回の旅行はこの三脚で頑張ります。