ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルク

フォローミー!

こんばんは、こじーです。

 

今回はリュック・ベンソン監督のジャンヌ・ダルクです。

 

 

あらすじ

相変わらず、あらすじ・解説は外部から。

「レオン」のリュック・ベッソン監督が、フランスの国民的英雄として知られる女性ジャンヌ・ダルクの生涯をミラ・ジョボビッチ主演で映画化。百年戦争下のフランス。小さな農村で暮らす信仰心のあつい少女ジャンヌは、イギリス軍に家族を殺され親戚のもとへ身を寄せる。やがて17歳になったジャンヌは、教会で神の声を受け、神の使者としてシャルル王太子に謁見することに。軍を率いて戦場へと向かったジャンヌは、イギリス軍を相手に劇的な勝利をおさめるが……。

映画.com

 

感想・評価

ミラ・ジョボビッチの鬼気迫る演技の迫力がすごいです。戦争のシーンも迫力があって楽しめます。

一方、冒頭の姉が殺されるシーンなどの重苦しい場面や、神の啓示を受けるシーンなど、静と動が入り混じる感じ。これでジャンヌの精神的な不安定さみたいなものもうまく表現できている気がします。

 

終盤、ジャンヌが捉えられ宗教裁判のシーンになると、一転別の映画のようになります。焦点はジャンヌが神の啓示を受けていたのかどうか。

宗教裁判での流れと、ジャンヌの心象風景での「神との対話?(ここに疑問を呈する内容なので、クエッションマークをあえて付けています)」で、映画内での判定が行われていくのと同時に、観客にも判断させるような作りになっていたと思います(見たのだいぶ昔なので、記憶がおぼろげですみません。)。

このあたりの作りがちょっと複雑で、いろんな観点が混じっていて、わかりにくいともいえるし、面白いともいえる感じ。

この映画で印象に残る、「フォローミー!」ってセリフも、実は伏線として効いていたり、よくできてます。

 

他の人の感想で、「ジャンヌが受けた啓示が精神病の妄想みたいに書かれていて残念」といった感じのものがあったのですが、僕は逆に、精神病の妄想だと思われているものは実は神の啓示かもしれないよ、ってメッセージとも捉えられるなと思いました。

結局真実は本人にすらわからない。

神とはなんなのか。啓示とは。

 

逆にそんなものはどうでもいいのかもしれない。

ただ自分の信じたものに対してまっすぐに生きたジャンヌ。

これはそういう映画なのかもしれない。

 

そう思いました。

考えさせられるいい映画だったと思います。