やりたいことの見つけ方

やりたいことの見つけ方

こんばんは、こじーです。

たいそうなタイトルをつけてしまいましたが、そんな大した話ではないです、たぶん。

ふと思いついたレベルの話。

 

やりたいことリストを作るときに、どうやってやりたいことを考えるかってところで、

金銭や時間の制約がなかったらやりたいことを考えるっていうことがよく言われますよね。

 

けれど、逆にお金がなくても、あるいは時間がなくてもやりたいことは何だろうって考えるのもありかもしれないなとふと思ったわけです。

 

僕はまあ、寝てたいってのはおいといて、時間がなくてもやっぱりテニスはしたいなあと。

本を読みたいとか、映画を見たいとかは、結局しないもんね。

auのブックパスとか、アマゾンプライムとか会員になってるけど、時間がないと読まないし見ない。読み放題見放題なのに。ああ会費もったいない。

いや、時間がないわけじゃない。ベッドでゴロゴロしているし。

でもコンテンツの中から見たいものを探して、それから1時間なり2時間なりかけて見るとなると、そこそこの時間が必要だし、なんか家のこととか片づけてると気が付くと時間なくなってるし、やっぱないのかも。

まあ、どっちでもいいか。結局時間がないのに無理して見なきゃってものでもないはず。

 

いや、本や映画の話じゃない。テニスだ。

それでもテニスはしたいと思うよね。

でもただテニスができればいいってわけじゃないんだなと気づく。いまのテニスのメンバーでテニスがしたい。

そう考えると、一緒にテニスをしてくれている仲間には感謝をしないといけないね。いつも僕と一緒にテニスをしてくれてありがとう。

 

テニス以外の時は一人で行動することが多いし、僕は比較的孤独を好む人間だと思っていたけど、意外とそうでもないんだなって気づきました。

これからの人生、もっと人間関係を大切にした方が幸せでいられるのかもしれない。

 

もちろん未来のことはわからないし、正解なんかない。

でも、今の自分に大切なものは何なのか、そこから見えてくるものもあるのかもしれないね。

 

結論があるんだかないんだかよくわからないけれど、あいかわらずうだうだ書いてみました。

おわり。