ロード・オブ・ザ・リング

ロード・オブ・ザ・リング

こんばんは、こじーです。

有名すぎて紹介なんか書けないよ。

っていう感じで、今日はロード・オブ・ザ・リングです。

 

 

J・R・R・トールキンの「指輪物語」(英語の原題が The Lord of the Rings ね)を原作とする映画三部作。

原作の指輪物語は、僕は学生時代に読もうとして、よくわからない詩のせいで一巻の最初のほうで挫折したのですが、映画の一作目を見た後に再度挑戦して読破しました。

まあ、それは置いといて。

エルフとかホビットとか、現在のファンタジーの基礎を作ったともいえる作品です(エルフは妖精として昔から民話とかに出てきたけど、美形で長身で耳が長くて弓の名手みたいなのはトールキンからのはず)。

その映画化ですからファンタジーファンは狂喜しましたよね。

過去にも映像化はされたものはあるけど、十分な映像技術が発達して、今回ようやくこれだけの作品が実現できるようになったという感じ。

ストーリーとしては、

主人公のフロドたちは、ホビットっていう人の半分ぐらいの身長の種族で、穏やかな暮らしをしているんだけど、叔父さんから指輪を送られるんだよね。(叔父さんのビルホが指輪を手に入れた経緯は前作(小説の)「ホビットの冒険」で語られています。)

この指輪が曲者で、つけると姿が消えるってんで、おじさんはいたずらに使ったりしてたんだけど、実はかつて魔王サウロンが自身の力を封じ込めたもので、魔王が復活してその指輪を手に入れると世界が滅びてしまうレベルのものだったんだよね。

それで、魔王の使いが指輪を手に入れるために襲ってくるんだけど、フロドたちは大魔法使いガンダルフの力も借りて、逃亡の旅に出る。

旅の途中のエルフの里で、指輪を破壊するには魔王サウロンが支配するモルドール国にある滅びの山の火口に指輪を投げ入れる以外に方法はないことを知り、フロドたちは仲間とともにモルドールを目指すという感じ。

エルフやドワーフ、人間、それからオークやトレントなどの様々な種族に比べて、小さく力のないホビット達が大きな役割をもつみたいなところが話のテーマなのかな。

もう見たのはだいぶ昔だったので、あんまり覚えてないんだけど、映画版だと小説の最後の方のエピソードが削られちゃってた気がする。映画的には確かに盛り上がりに欠けちゃうから仕方ないのかもしれないけど、上のテーマ的にはすごく大事な部分で、ちょっと残念だった記憶がある。間違ってたらごめん。

あと、いろいろあって後半はフロドと従者のサムのホビット二人で旅することになるんだけど、この二人の友情とかがいい感じで描かれています。

原作では、サムは従者というかもともと使用人なんだよね。あと年齢も結構上っぽい。だから立場的にはだいぶ違うんだけど、映画では割と近い年齢に見えて、友情的なものが強調されているように思えました。

まあ、ぐだぐだいうよりは、ファンタジーの元祖的なものの映像化なので、そういうところを楽しめばいいんじゃないかなと思います。

あと、3部作で1作3時間ぐらいあるので、長さは覚悟が必要です。

まあ、有名だから言うまでもないか。

それから、この映画のあと、小説の前作にあたるホビットの冒険も「ホビット」ってタイトルで映画化されたんだけど、まあ、僕は見てないからいろいろ言えないけど、ホビットの冒険はもともと子供向けだし、指輪物語よりもずっと短い作品なんだよね。なのにロードオブザリングと同じ3部作にしたらいろいろ無理があるわな。ちょっと欲出しすぎたよね。