本当に欲しいものは自信だった

本当に欲しいものは自信だった

こんばんは、こじーです。

今日思ったことふたつめ。

 

このブログのメインテーマともいえる、自分のやりたいことや欲しいもののこと。

なんか、わかった。

タイトルにもう書いちゃっているけど。

 

自信だったんだ。

 

結局全部、自分に自信がなかったせいで、悩んだし、病んだし、今も迷走しているんだ。

前の記事とつながるけど、自信がないから仕事術とか本質とずれたところにはまってしまったりする。

 

ここんところ、まがりなりにもそこそこ仕事をできていて、そんでもって今ちょっと苦しい状態なんだけど、今の状況のおかげで気づくことがあったみたい。

揺るぎない自信があれば、いちいちぐらぐらしないし、悩んで仕事が進まなくなることも少なくなるんじゃないかと思う。

 

自信をつけるにはどうしたらいいかって、結局頑張るしかないのかもしれない。

努力や実績、積み重ねたものに裏打ちされるからこそ、自信って生まれてくるんだと思う。

だから、ちょっと頑張ろうと思う。

 

だけど、またつぶれないようには気を付けないとね。

頑張るのと我慢するのは違う。

それから完璧なんてありえない、そこは割り切る。

頑張る方向性を間違えちゃいけない。

自信をつけるために、積み重ねるんだ。

スキルを、実績を。

 

そしていつか、ぶれない自分に、なりたい。