正解を選ぶんじゃなくて、選んだ方を正解にする

正解を選ぶんじゃなくて、選んだ方を正解にする

こんばんは、こじーです。

 

「正解を選ぶんじゃなくて、選んだ方を正解にする」

最近心にとめている言葉なんですけど、これって誰の言葉なんですかね。

ネットで検索するといろんな意識高い系のページで書いてあるんだけど、誰の言葉なのかはよくわからない。有名な人の言葉ではないのかもしれませんね。

まあそれはおいといて、最近僕の中で意識することが多い言葉なんです。

 

ブロガー界隈の発言を見ていると、

社畜はダメだとか、フリーランスの方がいいとか。

やりたいことをやれだとか、安定が大事だとか。

あとなんだっけ、寝かせているうちに忘れてしまったよ。

 

でもさ、どっちを選んだところでそれで終わりではなくて、そのあともたくさんの選択が続くし、努力しないで成功できるなんてことは(ほとんどの場合)ないんだよね。成功(って言葉の意味もあいまいだけれど)が目的とは限らないけれど、どちらを選んだかよりも、そのあとどれだけ頑張ったかの方が大きな差になるんじゃないかな。

ならどっちでもいいじゃん。

どっちでも好きにしな。っていうと、やりたいことをやれって言ってるみたいだけど、安定や収入を求めてやりたいこと以外を仕事にするのも全然あり。それがやりたいことなんだとか言うと言葉のパズルみたいになってしまうけど。

自信をもって自分が選んだ道を進もう。他人の言うことなんか気にするな。煽ってくる連中なんてのは、自分の選択に自信がないか裏があるかのどっちかだ。そんなことより、自分の選んだ方を正解にするために労力を割いた方がずっといいんじゃないかな。

 

まあ、そういうことをちょっと考えたりしているわけです。